パソコン関連の最近のブログ記事

フリーソフト「imgburm」
高機能なフリーのライティングソフトです。

こちらの使い方は、こちら

こちらも簡単ですが、

もっと簡単なISOファイルを焼くソフトが、windowsの中にあるんです。



windows10では、PC-Cドライブーwindows-system32-isobum.exe

imgbum1.PNG


system32に行ったら、検索窓に「iso」と入力

たくさんのisoと名前が付いたファイル名がでてくるので
その中から、「isobum.exe」を探す。
そのファイルの上で、右クリックー送るーデスクトップにショートカットを送る。

isoファイルをこのショートカットにドラッグすれば、

書き込みウインドウが出てくるので、チェックを入れずに

「書き込み」をクリック。DVDに書き込みことができる。

今回は、こちらにあるのwindows10をインストールするためのインストールメディアを焼きました。

windows10が2016年秋にアップグレードしたものがここにあります。

windows10の調子が悪くなった時、DVDとプロダクトキーがあれば、元に戻すことができます。

■ windows10って言語バーがでていない設定が基本 

indows10、デフォルトでは言語バーが表示されない設定

初めから出しておいてくれたらいいのにね!

スタートボタンー右クリックでコントロールパネルを開きましょう。

時計、言語、および地域から言語の追加をクリック

gebgo1.PNG

左側の詳細設定をクリック

gengo2.PNG

入力方式の切り替えの中の

□使用可能な場合にデスクトップに言語バーを使用するに
チェックを入れて「保存」

gengo3.PNG

起動ディスクを作りましょう!

皆さん作ってます??

普通にパソコン買って、お店で教えてくれるわけでもなし
パンフレットに書いているわけでもなし

でも、パソコンが起動しなくなった時、起動ディスクを
作っていないと大変なことに

今回、EaseUS Todo Backup」のフリー版で
起動ディスクを作成(windows7)

こちらのサイトがわかりやすかったのでこちらを見てね。
http://datarescue.yamafd.com/howto_make_emergency_disk_easeus/

todo1.JPG

■用意するもの:USBメモリまたはDVD-R

ツールー「プータブルディスクの作成」

プータブルディスクとも言うんですね。

DSC_2664[1].JPG

todo2.JPG

私は、DVDにしました。(安いしね)

DVDにチェックを入れ「実行」
5分ほどで完成。
EaseUS Todo Backup」だと簡単です。
使わずにすめばいいですね。



 

EaseUS Todo Backup」は、他にも

Cドライブのバックアップも簡単です。

Cドライブをバックアップ
ネットを見てておかしくなったり、ソフトをDLした時に
変なものも一緒に入ってきたりした時、
20分ほどでバックアップを取った時に戻れるので便利です。
(復元で戻れたらいいけど、復元ポイントない場合なら)

半年に1回くらい取るといいかな!

今まで、有料の「Acronis」を使ってbackup
ずいぶん助けられましたが、出来ることが多いのか
手順が多く複雑

今後は、EaseUS Todo Backup」にしようかと思っています。

 

 

imgburn

ここに詳しく載っているので見てね。
参考にさせていただきました。


下の項目を、各クリックするとPDFが開きます。
図入りで
詳しく書いています。
(Adobe Readerがないと見ることができません。)

 

ダウンロード

日本語化

imgburnの使い方

他のDVDライティングフリーソフト

DVDFab+imgburn・・・
有料版ですが、無料のお試し版が使えます。
DVDをisoに変換して保存するのは、そのまま使えます。
DVDに焼くのは、imgburnを使ってね。
DVDFabでは圧縮率がいい。

DVD Shrink

2015/10/05

icon.JPG

パソコンフォルダのアイコンって上の図にある
freesoftの黄色いアイコンが普通だよね。

他のフォルダは、変更してある。

かわいいでしょう!

パソコン内のアイコンやソフトのアイコンなどに変更してある。

このアイコンを変更することができる。

変えたいフォルダの上で右クリックープロパティ

カスタマイズタブーアイコンの変更

henkou.JPG

表示されたアイコンの中から選択して使うことが出来る。

henkou2.JPG

自分で好みのアイコンを作ることもできる。

icoを作ってみよう。

Everything  PC内をすばやく検索ソフト

ここまでPCを使いこんでいると、整理しても整理しても
膨大なファイルがある。

よく使うファイルの場所は、覚えているが、玉に使うものだと

あれれれ~~探すのに時間がかかる。

こんな時、「Everything」検索ソフトを使うと便利
ポータブル版(インストール不要)日本語

瞬時にファイルが表示されるので、非常にストレスがない。

ただし、名前のつけ方にコツが要りそうな・・・・・

タスクバーにあるこのアイコンをクリック

everything.JPG

ソフトが起動した。

検索窓に「*jpg」と入れれば、PC内のjpg画像すべてが
下の欄に瞬時に表示される。

「GIMP」検索すれば、GIMP関連のフォルダやファイルが表示される。

everything2.JPG

まだ、まだ、保存場所を覚えているので、使用頻度は少ないかもしれないけど
使えるソフトではある。


ここにもっと詳しく検索方法など載っています。

 

icoとは、ホームページを見た時の左側に出てるアイコンのことです。


ico.JPG
ここに無料で作れるサイトがあるので書いておきますね。
今回は、Winshotを利用して、USBのアイコンを作ってみます。
 
Winshotの使い方は、http://nc-works.jp/m2webmt/cat1/cat5/で説明しています。
Winshotを起動
アイコンの上で右クリックービットマップで保存ー短径範囲指定
右上にWinshotの画面が出てきたら、好きな画像の上で
四角にドラッグして最後にもう一度クリックすると
環境設定で指定したフォルダにbmpの拡張子で保存される。
保存されたbnpファイルの拡張子を「ico」に変更
これで出来上がり
はいはい、これをUSBのアイコンにしてみます。
パソコンの方は、拡張子が表示されるようにパソコンのウィンドウを開き
ツールーフォルダオプションー表示ー下から3番目の
「登録されている拡張子は表示しない」のチェックが外れていることを確認
kakutyousi.JPG
usbを差し込み、作成したicoをUSBに保存
メモ帳を開きUSBの中に保存、ファイルのなまえと拡張子を「Autorun.inf」に変更
メモ帳で開きファイルに
[autorun]
ICON=アイコンのファイル名.ico
 
 
記入、上書きする。
 
USBメモリを一度PCから抜き、もう一度接続し直します。
 
リンゴの画像やお好きな画像で作ってみてください。
 
namae1.jpg
フォルダのアイコンの変更方法はこちら
XnViewでのicoの作成はこちら
 
 

Winshot

テキスト作りに便利なフリーソフト
Snipping Toolを使っていたんだけど、こちらの方がひと手間省ける
ということで、Tさんが毎回勧めてくれるので、しっかり使えるように
メモ書きを手元に置いて覚えるようにしました。
パソコンにインストール不要。
起動させるだけで、アイコンを右クリック
各ショートカットキーは、環境設定で自分の使いやすいものに変更
初めに設定したフォルダに自動で保存される。
 
クリップボードコピーでは、Wordなどのソフトを開いて
ctrl+Vで貼り付けできる。
shot1.jpg
youtubeに詳しく説明されているのでここをみてね。
 
クリップアートって、パソコンの中のどこに入ってるか知ってます?
私の場合、
WMF1.png
64ビットのパソコンの人も画像が入っているのは、ProgramFiles32ビットの中にあります。
この中にクリップアートの画像がたくさん入っているのですが、
拡張子がWMFとなっています。
XPまでは、画像として見ることが出来たのですが、
Vista 以降、WMFファイルのプレビューは、そのままでは出来ないようです。
 
このファイルをサムネイル表示できるプラグインを紹介します。
http://code.google.com/p/emfplugin/
ここにフリーのプラグインがありますので、DLしてください。
64bと32bが在りますのでOSにあわせて下さい
emfplugin-1.02-×86.zipが32ビット用です。
保存したら、ダブルクリックすると
setup.exeがあるので、それをWクリック
次へ次へと行ってインストールできたら、
パソコンが再起動されます。
 
WMFの画像が入ったフォルダを見ると画像がちゃんと表示されています。
WMF2.JPG
なんでそんなことをするかというと、イラストレーターで開いてグループ解除すれば、色を変えたり
形を変えたりすることが出来ます。
簡単画像加工です。
イラストレーターがない人は、ワードやパワーポイントでもできますが、少し手順を踏みます。
ここに詳しく書いてあるので参考にしてね。
ブログでは、ここにも書いています。
「クリップアートのグループ解除」

クリップアートのグループ解除で色の変更や図の変更ができるよ。

ちょっと便利な機能だね。2007での解説

クリップアートの画像をワードにドラッグする。

         ↓

図の上で右クリックー図の編集をクリックすると描画キャンパスの中に入る

(描画キャンパスを出してから中にドラッグするとうまく入らない)

 

これでグループ解除されているので描画キャンパスから外へ出す。

 

これが少しコツがあるんだけど、図の上のところにマウスを持っていくとカーソルが変わるので

右クリックー拡張(描画)を2回ほどクリックすると描画キャンパスが大きくなるので

 

byouga1.jpg

ホームタブの(一番右側)編集からオブジェクトの選択で全体を選択し

描画キャンパスから外へ出す。

byouga2.jpg

外へ出した図をクリックするとそれぞれのパーツごとに選択できるので

色を変えたり図の変更もできる。

 

クリップアートがもっと使いやすくなるね。

2017年6月

        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  

このアーカイブについて

このページには、過去に書かれたブログ記事のうちパソコン関連カテゴリに属しているものが含まれています。

前のカテゴリはトラブルです。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

ウェブページ

Powered by Movable Type 5.2