イラストレーターの最近のブログ記事

■通販印刷を使ってみよう!■
簡単だというけど、やっぱりちょっと難しい!

ちょっとしたポイントを勉強しましょう!

セミナーに行ったので、覚書で書いておきます。


テレビでおなじみ 

チェック  プリントパック 価格は安い。PDF入稿は、ハードルが高い
チェック ラクスル は印刷屋さんへの仲介なので、出来上がりに差があったりするので注意。
  PDF入稿は、ラクスルが簡単

チェック グラフィック  少々高いけどきれいな仕上がり

 

 

今は、Wordやパワーポイント、PDFでの入稿もOKのようです。

紙のサンプルテンプレートもあるのでハードルは低くなっています。

私は、イラストレーターで作成することが多いので、

イラストレーターから、PDFに変換して入稿してみようと思います。

プリントパックイラストレーターでの注意点は、こちら

プリントパックでのPDF入稿方法はこちら

イラストレーターで出来上がったものをPDFに変換するときの説明をします。

別名で保存

pdf1.PNG

PDFの拡張子を選択

一般での設定 プレス品質 illusratorの編集機能を保持とサムネールを埋め込みのチェックを外す

pdf2.PNG

圧縮の設定

pdf3.PNG

PDFで表示できるものについては、印刷でも可能

PDFで保存できました。

下絵からトレースちょっとしたコツ

下絵の準備はこちら

準備が出来たら、楕円やペンツールで書いていきます。

その時に教えてもらったパスファインダ

がとても便利!

パスファインダを出すのは?

ウィンドウーパスファインダ

pas1.JPG

左から、「形状エリアに追加」

・オブジェクトをいくつか選択して合体する。

2つ目、「形状エリアから全面オブジェクトで型抜き」

・選択した2つのオブジェクトの前面のオブジェクトで切りぬかれる

 

この2つを使えば、初心者のトレースやイラストを描くのに便利

 

例えば、楕円形を3つ描いて、ウサギを書きます。

選択ツールで3つとも選択してパスファインダの「形状に追加」
選択すれば、右側のように合体されて「うさぎ」らしくなります。

(耳の部分は、変形ー回転で10と-10で傾かせています。)

pas2.JPG

 

下記は、楕円をパスファインダの「形状に追加」でいくつか合体させ
口の部分をペンツールで適当な三角を書き、
パスファインダー形状エリアから全面オブジェクトで型抜きします。
いずれも前面のオブジェクトで切り抜かれます。

pas3.JPG

 

 

 

 

新規で出来上がり希望サイズ、ここでは、
A4サイズでまずは別名保存します。

その時の注意点

PDF互換ファイルで保存のチェックをはずす。

下絵と同じ場所に保存!

 

ファイルー配置ー下絵の画像をクリックして下絵を配置する。

haiti.png

chara01_boy_02.gif

書きづらいので下絵レイヤー1の透明度を低くするhaiti3.JPG

レイヤーウィンドウーレイヤー1に鍵をかけて動かないようにする。

レイヤーウィンドウー新規レイヤー作成で「レイヤー2」作成

haiti2.JPG

■ここが大事!

レイヤー2が選択されていること
レイヤーの概念がよくわかっていないとこの辺が
ごちゃごちゃするので、今、自分がどのレイヤーを
さわっているのか確認しながら作業する癖をつける。

さあ、今から、楕円やペンツールで作業していきます。

ちょっとしたコツはこちら

 

 

 

 

A-1.JPG

イラストレーターのアピアランスを使って文字を飾ってみました。

文字ツールをクリック、文字を書きます。「Minamiguchi」

文字の線と塗りはなしにしておきます。
各塗りと線を選択し、下のなしをクリック
入力した文字が消えます。

A-2.JPG

アピアランスウィンドウを出し、右上の三角をクリック
「新規線を追加」を選択、3回繰り返す。

A-3.png

A-5.JPG

このように各線を選択して線の太さと色を変更する

注意:塗りを一番上にあげること

線の太さと色は、メニュバーの下で変更できる。

A-6.JPG

A-7.JPG

ちょっと角いね!

まずは

A-5.JPG

アピアランス内の線をクリックして
「ラウンド結合」して角を丸くしていきます。
線が3つあるので、3回繰り返す

 

ラウンド結合はどこから??

メニューバーのウィンドウー「線」ウィンドウをだして
角に比率の横にある「ラウンド結合」をクリック

A-8.JPG

角が取れてまるみのある文字飾りが出来上がり!

A-1.JPG

■修正
・線の太さや色を変更したい時
選択ツールに持ちかえて、画像を選択する。
アピアランスウィンドウから線を選択して色や線の太さを変更

・文字を変更することも可能
文字ツールを選択して文字を打ちかえる。
削除してからでも、ドラッグして文字を打ちかえてもOK!
文字数が変わっても大丈夫!

 

 

 

文字の段組み、オブジェクト内に文字を配置はこちら

パスのオフセットでの文字飾りはこちら

CS2のダウンロードはこちら

 

 

 

 

 

 

 

 

イラストレーターCS2が無料でDL出来るというので
DLしました。

機能的には、充分間に合います。

DLの仕方についてはこちら

久しぶりにイラストレーターをさわってみました。
イラストレーターは、私的には、わかりやすいソフトです。

1時間目文字が得意な先生

■図形の中に文字を配置する。
(図形はなんでもOK。ここではまるを選択)

eria1.JPG

ツールボックスから、丸や六角形を選択

illtool.JPG

文字ツールの中の「エリア内(縦)文字ツール」を選択
(長押しするか右端の三角をクリックすると出やすい。
四角の中にT文字が入ったものがエリア内文字ツール)

エリア内文字ツール(横文字)とエリア内(縦)文字ツールがある。
エリア内横文字ツールでも同じようにできる。

作成したオブジェクト(まるや五角形など)
線上をクリックして文字を入れていくとオブジェクト内に
文字が配置される。

 

■テキストの段組み

まずはツールボックスより四角形を選択
ドラッグせずにクリックすれば、ウィンドウが出るので
幅と高さを入力(幅:100mm、高さ:150mm)

メニューバーオブジェクトーパスー段組み設定

dangumi.png

段組み設定のウィンドウが出たら、段数を任意の段数を入れる
(ここでは、2 プレビューにチェックを入れているとわかりやすい)

dangumi2.JPG

OKをくりっくしたら、段数分長方形が出来る。
別につくっておいた文字をコピーして
エリア内縦文字ツールを選択して
長方形の右上をクリックして文字を貼り付ける。

************************************************

「雑学」

簡単に長いテキストがほしい場合
Wordを出して、=rand()と打つと長文が出てきます。

************************************************

文字があふれた場合、文字を小さくしたりしても
いいのですが、初めの長方形の左下にある赤い■

dangumi3.JPG

選択ツールでクリック
次に、エリア内(縦)文字ツールで次の長方形の始まりの右上でクリック
文字の貼りつけであふれた文字が次のオブジェクト
「長方形」に入っていく

アピアランスで文字の飾りはこちら

パスのオフセットでの文字飾りはこちら

CS2のダウンロードはこちら

 

 

 

 

 

 

 

adobe CS2の無料ダウンロード
CS2のサポート終了に伴いダウンロードできるようになっています。

イラストレーターの勉強したくて、illustrator CS2をDLしました。

詳しくは、こちらの動画をご覧ください。
とても詳しく説明されています。

https://www.youtube.com/watch?v=OsgUdYmG5YU

adobeのID登録をして、表示された表の中から
illustrator CS2のwindows版のexeをクリックすると
ダウンロードが始まります。

CS2-1.PNG

横に書いてあるシリアル番号をコピーするのを
忘れずに

ユーザー情報画面がでたら、シリアル番号欄に、コピーした番号を貼り付けします。

インストールが終わると、すべてのアプリになかに
ちゃんとイラストレーターCS2が入っています。

cs2-2.png

イラストレーターCS2のソフトを開くとadobeへの登録画面が
開くたびに出てきます。

登録画面が出ないようにするには、

一度ソフトを終了します。

すべてのアプリから、illustratorCS2の文字の上で
右クリックー「管理者として実行」として開きます。
登録画面が出てくるので、「登録」、または「登録しない」を
選択すると次回から出なくなります。

 

pasu.jpgこんなロゴを作成する時、

fireworksなら塗りと線の太さで簡単に出来るけど
イラストレーターなら、文字の入力
書式ーアウトライン作成
アウトラインしたものをコピー

元の画像が下になるので、元の画像を選択
オブジェクトーパスーパスのオフセットで

オフセット・・・文字のはみ出し部分 3mm

角の形状・・・べベル マイタ―  ラウンドの中から選択

角の比率・・・今回2に設定

キャプチャ.JPG

元の画像の上にコピーした画像を重ねる。

けっこうな手順が必要!

イラストレーターCS2アピアランス機能を使えば文字の修正も簡単はこちら

イラストレーターCS2 図形内に文字の配置と段組みはこちら

CS2のダウンロードはこちら

 

 

 

 

 

 

 

 

 

2017年6月

        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  

このアーカイブについて

このページには、過去に書かれたブログ記事のうちイラストレーターカテゴリに属しているものが含まれています。

次のカテゴリはGIMPです。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

ウェブページ

Powered by Movable Type 5.2