2012年2月アーカイブ

けっこう難しくてなかなかできなかったけど、ここにいけば簡単にタグを自動生成してくれます。

http://feed.mikle.com/

表示したいページの幅などを考慮し、幅、高さを決める。

ブログの題名が入る色などを決めて右側に出てくるプレビューを見る。

プレビューの下に、タグが生成されて出てくるので、それをコピーして

ページに貼り付ける。件名だけの表示にしました。

 

それだけ、簡単!!

twitterのタイムラインもこんな感じで貼りつけます。

別記に書いてますよ。

jsファイル・・・JavaScript専用ファイル

ロールオーバー(マウスを持っていくと画像が変わる)などを作成したとき

ページのソースにスクリプトタグが書き出されます。

このソースを外部ファイルであるjsファイルの書き出すとソースがすっきり!

 

jsfile.jpg①メモ帳を出し、「名前をつけて保存」そ時に拡張子を「○○.js」とします。

もともとあるjsファイルを開いて書いてあるタグを削除して名前をつけて保存してもOK

 

 

②ページのスクリプトタグの始まりから終わりまで切り取る。

<SCRIPT language="JavaScript">
<!--
function OpenWin(){
win=window.open("http://www.phoenix-c.or.jp/~s-moon/sub37.htm","new","width=100,height=100");
}
// -->
</SCRIPT>
念のため、メモ帳などにコピーしておく
 
③上記の前後ろ部分以外のこのタグでは
function OpenWin(){
win=window.open("http://www.phoenix-c.or.jp/~s-moon/sub37.htm","new","width=100,height=100");
}
をコピーして、jsファイルに貼り付け
index,htmlと同じ階層に保存する。
 
④index.htmlの<head>内に
<script type="text/javascript" src="○○.js"></script>
jsフォルダに保存したときは、
<script type="text/javascript" src="js/○○.js"></script>
となります。
外部ファイルjsを呼び込むことができます。
ロールオーバーなどはかなり長いタグが書き出されるので
この方法をとるとすっきりしますよ~


        

2017年6月

        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  

このアーカイブについて

このページには、2012年2月に書かれたブログ記事が新しい順に公開されています。

前のアーカイブは2011年11月です。

次のアーカイブは2012年3月です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

ウェブページ

Powered by Movable Type 5.2