FireWorksで画像作成

| コメント(0) | トラックバック(0)

FireWorksで画像作成

 

Tさんが、ちらしを上手作っていたので、それを教えてもらいました。

FireWorksを使いたいと思いながら、ついつい自分の手足のように動くソフトになってしまいます。

 

shop-banner.gif

 

バナーを作成

新規作成(A4の大きさで作りたい時は、その大きさに)

長方形を作成、グラデーションで色をつけて、シャドウと光彩ードロップシャドウで影をつける。

文字を入力ーフォントを決めてーテキストのパスの変換(変換する前に文字をコピーしておくと変更したい時に便利)

グループ解除すると文字が一文字づつにわかれるので違う塗りの色をつけていく。

グループを解除しているので、文字の位置も好きなように変えられる。(今回はそのまま)

画面の画像の周りの部分、グレーの場所でクリックー「カンバスを合わせる」で画像の大きさにカンバスが決まる。

 

画像プレビューで確認してー書き出しー保存

 

同じような感じで、ヘッダ-の画像を作りました。

南口製作所の文字は、テキストのパスの変換をしてから、グラデーションのパターン(線形など)

バケツの横の色の選択をクリックしてから、プリセットでも作られたグラデーションでいろんな変化が楽しめます。

いろいろやった中でできたもので、はっきり覚えていないです。

 

 

 

shop-top2.gif

そうそう、だいぶ前にアニメ画像もFireWorksでつくりました。

3枚のレイヤーで上の文字画像の隙間から右から左へ魚が動いているアニメです。

作り方わすれたなぁ~

 

文字のマスク

イラレでは、よく使う手法ですが、FireWorks でもできるんですね。

背景画像を作成

文字の入力ーパスの変換ー文字の色(白にしておく)

2つを選択して(2つ目は、Shiftで選択)

変更ーマスクーマスクとしてグループ化

上と同じようにグレー部分でクリックしカンバスを合わせて

画像のプレビューー書き出しー保存

GIFで保存する時は、インデックス透明カラーにしておくと背景が透明になる。

画像のプレビューだとそこを選ぶことができる。

 

画像また入れますね。 

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://nc-works.jp/mmtt/mt-tb.cgi/6

コメントする

2017年6月

        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  

このブログ記事について

このページは、studyが2010年7月30日 13:33に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「第2回指導者養成講座」です。

次のブログ記事は「SEO無料診断ツール」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

ウェブページ

Powered by Movable Type 5.2